歯科医療事務を目指すならば、保険請求事務だけでなく、歯科治療のサポートや患者とのコミュニケーションなどの能力も必要となります。医師や歯科衛生士の補助的業務もあるため、歯科助手としての役割を果たす必要もあるのです。
そのため、歯科医療事務に必要な知識・技術を証明する資格の取得は、就職・転職に有利でしょう。

  • 歯科助手とは?

    歯科助手とは?

    歯科助手の業務を行なうには、必要な資格はありません。石膏などを練りこんだり、器具を洗浄したりといった医師や歯科衛生士のサポートをします。

  • 歯科衛生士とは?

    歯科衛生士とは?

    歯科衛生士は、歯科診療の補助・歯科保健指導などを業務とし、厚生労働大臣免許の国家資格です。現在は、男性でも従事できる資格です。

  • インプラントとは?

    インプラントとは?

    新しい歯科治療であり、外科的手術が必要となります。あごの骨に人工歯根を埋め込み、歯をよみがえらせる治療法であり、急激に進歩しています。

 
 

医療事務資格があれば、歯科医院の事務を行なうこともできるのですが、歯科医院の医療事務と他の医療機関の医療事務では、少し違いがあります。
歯科医療事務になるためには、歯科の専門的な知識も必要な場合が多いです。歯科医療事務の就職・転職を有利にする資格をご紹介していきます。

【歯科医療事務と医療事務の違い】

歯科の医療事務と一般的な医療事務では、必要な知識に違いがあります。保険請求事務に関する知識は、歯科治療に限られているため、必要な知識は一般的な医療事務に比べて少ないです。 医療事務講座と歯科医療事務講座では、次のような違いがあります。

  • 医療事務 … レセプト業務を中心としている
  • 歯科医療事務 … 歯科の専門分野のみについて学ぶ

歯科医療事務は歯科専門であるため、歯科の限られた知識のみを学びますから、歯科以外の医療機関の就職には弱い可能性があります。
歯科医療事務への就職には歯科医療事務資格が有利であり、医療事務資格は、歯科以外の医療機関への就職を有利にします。

しかし、歯科医療事務として活躍するためには、保険請求事務以外にも、歯科助手としての治療に関する知識やサポートするための技術が必要となります。

【歯科医療事務としての就職に有利な資格5選】

歯科医療事務として活躍したい人におススメの資格を3つご紹介します。現在医療事務資格を取得している人も、次のような資格を取得することで、歯科医療事務への就職がさらに有利になるでしょう。

1. 保険請求事務技能検定試験(歯科)

歯科医療事務として必要な保険請求事務能力を認定する資格です。レセプト作成は医療機関にとって重要な仕事であり、もしも不備があった場合には、審査機関から差し戻され、医療機関は収入が得られないことになってしまいます。
歯科医療事務は、歯科の経営を支える重要な仕事でもあるため、保険請求事務技能検定(歯科)資格の取得は、歯科への就職を有利にしてくれます。

保険請求事務技能検定試験(歯科)
受験資格 なし
実施団体 日本医療事務協会
試験日 3・4・6・7・9・12月(年6回)
試験内容 学科試験・実技試験(レセプト作成)
受験費用 7,000円

2. 医療事務管理士(R)・歯科

試験に合格することで、「医療事務管理士(歯科)」の称号が与えられる試験です。多くの資格取得者が、歯科医院で活躍しています。

歯科医療事務に必要なレセプト作成の技術やカルテ管理、患者受付などの知識や技術を持ち合わせていることを証明できるので、歯科医院への就職を有利にしてくれます。

歯科医療事務管理士(R)資格試験
受験資格 なし
実施団体 技能検定振興協会
試験日 奇数月の第4土曜日(年6回)
試験内容 学科試験(マークシート)
実技試験(レセプト作成)
受験費用 6,000円
合格率 (平成22年度)約70%

3. 認定歯科助手

歯科助手の業務は資格がなくてもできますが、歯科助手の仕事は専門の器具を扱ったり、知識が必要な請求事務を行なったり…専門的な知識が必要となりますから、資格を有している人が就職に有利となるでしょう。

また、歯科医療事務の求人よりも、歯科助手の求人の方が多いとされています。これは、歯科医療事務は歯科助手も兼務である場合が多いためです。歯科医療事務に歯科助手の知識も求められていることが多いのです。

次に紹介する歯科助手資格は、日本歯科医師会が認定する資格ですが、各都道府県の歯科医師会が講習の運営などを行なっています。そのため、都道府県によって講習の日程や受験資格などに違いがあります。
自分の住んでいる都道府県の歯科医師会に問い合わせてみてください。

認定歯科助手資格取得方法
受講資格 各都道府県の歯科医師会によって異なる
実施団体 日本歯科医師会
取得条件 ・日本歯科医師会が認定する講習会受講
・歯科医院での臨床実習を受講する
講習の実施時期 各都道府県の歯科医師会によって異なる

4. インプラントコーディネータ

インプラントコーディネータは、インプラントの知識や患者へのコミュニケーション、コーディネーション能力を認定する資格です。
新しい治療法であるインプラント治療を普及・推進するために、歯科現場で活躍する医師や歯科衛生士、歯科医療事務などのスタッフが必要とされている能力を持ち合わせていることを証明します。

近年多くの歯科医院でインプラント治療が行なわれるようになってきました。インプラント治療を専門とする歯科医院も増えています。歯科医療事務にも、インプラントの専門的な知識が求められていると言えるでしょう。

インプラントコーディネータ資格取得方法
受講資格 なし
実施団体 一般法人日本デンタルインプラントコーディネータ協会
試験 4日間の講習を受講し、最終日に実施される試験に合格することで取得できます。

インプラントって?

インプラントとは、歯を失った場合に行なわれる治療法です。従来は、歯を失ったらブリッジや入れ歯で歯を補っていましたが、近年はインプラントによって人口の歯を作ることができるようになっているのです。

あごの骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯を装着します。そのため、手術が必要となりますし、医師だけでなくすべてのスタッフに専門的な知識が必要とされています

歯科医療事務を目指す人には、インプラント治療について、全く知らないという人もいると思います。
インプラント治療について、詳しく紹介している歯科医院のサイトを見つけたので紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

年間2000本ものインプラント治療を行ない実績ある東京の歯医者さん
インプラントは東京のImplant Center Hachiouji
http://www.implant-hachioji.com/

インプラント治療に力を入れている歯科医院。歯科用CTや手術室、クラス1000のクリーンルームなど…確実なインプラント治療のための設備も充実しています。

5. 歯科助手専門秘書検定資格

歯科医療の現場において医師を的確にサポートする知識・技能を持ち合わせていることを証明できます。
会計業務(レセプト作成)だけでなく、患者の受診の流れや治療の流れなどの訓練も行なうので、歯科医療事務としてだけでなく、歯科助手としての技術・知識も証明することができるのです。

歯科医療事務を目指す人だけでなく、歯科助手を目指す人にも、おススメの資格と言えるでしょう。

歯科助手専門秘書検定試験
受験資格 日本能力開発推進協会が認める教育訓練を終了していること
実施団体 日本能力開発推進協会
試験日 随時
試験内容 学科試験・実技試験(レセプト作成)
受験費用 3,500円