履歴書・面接

就職活動の中では、紙一枚の履歴書と数分の面接だけで自分を評価されてしまいます。
それだけ履歴書も面接も重要なのです。
近年は、就職・転職が厳しくなっています。
ライバルも多い分、差をつけるために対策をしなくてはなりません。
ここでは、履歴書と面接対策について紹介します。

履歴書

手書き

医療機関ごとに履歴書・職務経歴書(新卒者の場合は不要)を1通ずつ書かなければならないのですから、大変な作業です。

根気良く書き上げる力も履歴書から読み取れるので、最初から最後まで丁寧に書くことが必要です。

修正液はNG

誤字脱字に注意し、間違えた場合は修正液や修正テープを使用せず、書き直しましょう。

また、日付の訂正等の履歴書の使いまわしは、相手にはすぐにわかってしまいます。応募先それぞれに心をこめて書きましょう。

写真添付

求人によっては履歴書に写真添付の指示のないものもありますが、必ず添付しましょう。

ボールペンか万年筆で書く

黒だからと言ってサインペンで書いたり、鉛筆やマジックで書いてはいけません。

常識がないと判断されてしまいます。

全ての項目を埋める

各項目全て埋めるようにし、空欄がないようにしましょう。
本人希望記入欄では、希望がない場合は、「御社規定に従います」等と書くと良いでしょう。

「特になし」はあまりよくありません。

免許・資格欄

医療事務資格を取得している人は、資格を正式に記入します。

療事務関連の資格は多数ありますので、「○○財団主催 ○○試験3級」というように、主催団体名、資格試験名、合格した級を確認して間違いのないように記入しましょう。

志望動機

志望動機とは、なぜその仕事がしたいのか、なぜその会社に入りたいのか、そこで何をしたいのか、何が出来るのか…という、これから先のことを踏まえて書く必要があります。

自分がその会社に入りたいのだという熱意を伝えることが大切です。

実務経験がない人

「未経験ですが、やる気は誰にも負けません」と、やる気だけを伝えても説得力に欠けます。

やる気だけで採用はしてくれません。
それに伴う、性格や過去の体験を結びつけて書く必要があります。

一番多い間違った例は、医療事務の資格取得を志望理由とするものです。
しかし、資格取得はきっかけであっても、志望理由にはなりません。
医療事務の資格取得の理由に触れて、志望理由を書くと良いでしょう。

また、次に多いのが「コツコツと行う業務が好きで…」といった、事務職に向いた性格を志望理由とするものですが、事務職の中でもなぜ医療事務なのかという点も書かなくてはいけません。

なかなか思い当たらない人は、自分の経験の中で医療事務の仕事につながるものがないか考えてみてください。

「私は高校時代にこのような経験をして、その経験を貴医院でこのように役立てられる」というように、実体験とこれから何が出来るのかを結び付けて書くと良いでしょう。

例文

父の付き添いで病院に行ったときに、受付の心のこもった接客で不安が和らいだ経験があり、自分も患者さんの役に立てる医療事務の仕事につきたいと思い、通信教育にて医療事務を学びました。
○○試験×級合格を機に、転職を決意しました。
前職の接客業の経験で身につけたコミュニケーション能力を活かし、専門知識を身に付け、医師や看護婦の方のサポートも出来るような医療事務を目指したく思います。

実務経験のある人

「経験者優遇」等という経験者を求める求人が多いのが実情です。
志望動機には「今までの経験を活かして」といった、漠然としたものでは相手に伝わりません。

「今までの医療事務としてのどのような経験を活かしたいのか」を具体的に書く必要があります。

あなたが培ってきた経験を相手に明確に知らせることが大切です。

面接対策

医療事務への応募は、いきなり面接ではなく、履歴書を送付して選ばれた人だけが面接へ進むという流れが一般的です。

必ずしも面接まで進めるわけではないので、せっかくのチャンスを無駄にしないように面接対策を講じる必要があります。

面接の前にまず、面接を受ける病院や診療所のことをしっかりと調べておく必要があります。
相手のことを知らないということは、興味がないと受け取られてしまいます。
ホームページのある病院も多いので調べておきましょう。

実務経験のない人は、医療事務の仕事についての知識もないと「医療事務をやりたい」という気持ちは伝わりません。

面接で何を質問されるのかは、誰もわかりません。
しかし、面接官は履歴書を見て質問することが多いので、履歴書に書いた事柄について説明出来るようにしておくと良いです。

また、想定出来る質問の答えを用意しておくと落ち着いて答えられます。このような想定出来る質問は面接の始めに聞かれることが多いようです。

最初につまずかないように、ある程度の質問の答えは用意して、落ち着いて面接を受けられるようにしましょう。

質問例

・ 「当医院に応募した理由はなんですか?」
・ 「なぜ医療事務を志したのですか?」
・ 「長所は何ですか?」(「短所は何ですか?」)
・ 「医療事務に今後要求されることは何だと思いますか?」

転職の場合

・ 「前職ではどんな仕事をしていましたか?」
・ 「仕事を辞めた理由は何ですか?」

医療事務資格試験対策・医療事務になるための対策について、さらに詳しく読みたい