業務内容

誰もが初めて病院に行くと、まずは受付に行きます。
その受付が医療事務の仕事です。
病院に行った時や電話をしたときに、一番初めに対応するのが医療事務です。
最初の印象は強く残り、重要ですので、大事な看板的な役割を担っていると言えます。

具体的な仕事の内容

診察後に会計をして「お大事に」と送り出してくれるのも医療事務です。
つまり、受付から会計までの全ての事務業務は医療事務の仕事なのです。

そのほか、病院で働く医師や看護婦が仕事に専念できるようにサポート業務や、患者さんの不安を和らげられる接客業務等、様々な役割を持っています。

このページでは、医療事務の様々な仕事を詳しく紹介します。

窓口

病院にいくと患者さんはまず受付に来ます。
患者さんから診察券や健康保険証を受け取り、初診の患者さんには問診表等の記入をしてもらいます。
カルテを作成・準備して診療室に届けます。

そして、診察が終わると、カルテを元に診療費を計算し、患者さんの負担金を徴収して処方箋を渡します。
この診療費の計算(診療報酬請求業務)をレセプト業務といい、医療機関特有の事務です。
レセプト業務については次に詳しく紹介します。

病院の規模によって役割の分担にも違いがあり、大きな病院では仕事量が多いため、受付担当やカルテ担当のように担当が決まっているところもあります。

また、このような来院する患者さんの窓口業務を外来受付窓口業務といいます。

レセプト

レセプト業務とは診療費の計算をすることです。
一般事務や経理事務とは違った医療事務ならではの業務であり、医療事務と言えばレセプトと言うほど重要な業務です。

日本の医療保険制度では、医療費の一部を患者本人が支払い(本人負担)、残りは健康保険の保険者が支払います。
本人負担分は直接病院の窓口で支払いますが、残り(診療報酬)は月ごとに保険者に請求します(診療報酬請求)。

この請求の明細書のことをレセプトと言い、レセプト作成の業務をレセプト業務と言います。

会計

レセプトのところで紹介しましたが、医療費を計算したら本人負担分を徴収します。お金を扱いますので、正確性が必要です。

また、加入している保険によって負担の割合も違いますので、間違いのないようにしなければなりません。

病棟クラーク

病棟クラークは、外来ではなく入院患者の窓口であり、ナースステーション内で事務業務を行います。

入院患者のカルテや伝票の管理、入院・退院の手続きやそれに伴う物品や食事の手配、患者さんの検査や手術のスケジュールの管理、ナースコールや電話の応対等多岐に渡ります。

事務業務だけでなく、ナースと共に患者さんの食事の残量をチェックしたり、回診の際の薬剤や器具の準備や片付け等も行う病院もあります。

患者や家族に接する機会が多く、手術前等で不安を抱えている方もいます。笑顔で接したり、明るく声を掛ける等のおもいやりが大切です。

医療秘書

一般的に秘書とは、上司の身の回りのことや、スケジュール管理、書類作成等仕事を請け負ったり、来客対応等の業務を行いますが、医療秘書も同様で院長や看護部長のもとで秘書業務にあたります。

大きな病院の医師となると本人でなければならない業務が多く、診療以外にも学会や会議等多忙なスケジュールをこなさなければなりません。

扱う資料は医学や薬学用語が記載されていますので、関連した知識が必要となってきます。

普通の秘書と違って、医療秘書は医療事務や医学・薬学の知識、語学やパソコンスキルも必要になります。

情報処理

病院ではたくさんの情報を扱います。
また、それは個人情報も含まれる重要なものです。
近年では業務の円滑化をはかり、レセプト作成をコンピュータで行ったり、カルテを電子情報として管理したりと情報システムの導入が進んでいます。

有効に活用し、目的に応じて加工できるような技術者も必要となっていますが、そのような人材が不足しているのが実情です。

今後、情報システムに関する知識だけでなく、医学や薬学の知識を併せ持った技術者が求められてきます。

医療事務従事者向けのスキルアップの資格として、医事コンピュータ操作や処理の知識に関する資格が注目されています。

めざせ!医療事務について、さらに詳しく読みたい