医療事務

この不景気を乗り切る為の人気の武器(資格)は医療事務やホームヘルパー、パソコン資格等の手軽に取得できて仕事に結びつく資格です。
特に医療事務資格は医療事務の安定性と需要が高い等の理由から女性に人気があり、通信講座や通学講座のランキングでは常に1位を保っています。

医療事務のメリット

医療事務のメリット
医療事務の人気が特に女性に高い理由…
医療事務のメリットについて知っていますか?

履歴書と面接対策

履歴書と面接対策
就職活動においては履歴書1枚で人間を判断されてしまいます。
履歴書の書き方や面接の対策を紹介。

医療事務と就職氷河期

就職氷河期と言われた2005年までの就職難はいったん落ち着いたとされていましたが、2008年のサブプライムローン問題が引き金となり、再び景気悪化・雇用情勢悪化の一途をたどっています。

能力のある人は生き残り、能力のない人は切り捨てられる時代となり、就職・転職も難しい時代です。
手に職をつけ、それを武器(資格等の自分の売りとなるもの)に不景気を乗り切ろうという時代になっています。

このサイトでは現在の就職氷河期の再来と言われる時代に、最も人気のある医療事務を紹介します。

医療事務人気の背景

男女雇用機会均等法の施行から20年以上が経っていますが、女性は妊娠・出産のために退職せざるを得ない状況はあまり変わっていません。

子育てが落ち着いて、いざ働きたいと思っても「子供が小学校に行っている間の限られた時間の中でしか働けない」等、女性は家事と両立できるパート(短時間労働)でなくては長く続けられないのが現状です。

そして、本格的にフルタイムで働けるようになっても、パートでのキャリアを引き継げる仕事も多くはありません。
不況で主婦も家計の足しにと仕事を始めるケースも増えています。

たとえ短時間労働であっても、やりがいがある仕事がしたい、フルタイムで働けるようになったらパートでのキャリアを生かして働きたいという、家庭の中だけではなく外でも活躍したいと考える女性が増えてきました。

また、新卒者であっても、将来に控えている結婚・出産後の仕事について計画を立てて準備している人も多いです。

結婚前に医療事務としてキャリアを積み、結婚・出産後に復帰する準備をしています。
病院や診療所は、産休や育児休暇の制度もしっかりしているところが多いのも魅力です。

そんな、女性のライフスタイルに合っていて、やりがいがあり、短時間労働でもキャリアが積める仕事が医療事務だったのです。

医療事務のやりがい

医療事務の仕事は病院の受付であり、病院の顔とも言えます。
医療事務の対応次第で病院の印象も変わってきます。「お大事に」と、やさしく送り出してくれるのも医療事務です。

そのほか、カルテの管理や会計業務を行います。この会計業務が医療事務の最も重要な業務であり、「レセプト」と言います。

ところで、病院に行ったときに、医療事務にやさしく声を掛けてもらって不安が和らいだ経験はありませんか?
医療事務は人のためになり、人から感謝されることが多く、やりがいをいつも感じることが出来ます。

また、会計業務(レセプト)は知識や技能を必要とし、キャリアが明確となるので評価もされやすく、頑張った事がしっかりと形になると言う面でもやりがいを感じることが出来ます。

また、このキャリアがその病院だけではなく、全国の医療機関で通用します。
そして、この会計業務は病院の経営にもつながる大切な業務です。

責任ある仕事を任されているというやりがいも医療事務にはあるのです。

医療事務に期待されること

近年は医療の現場もIT化が進み、医療は日々高度になっています。

医師一人ではなく、看護婦や薬剤師、そして医療事務も含めた現場のスタッフがサポートし、行っていかなければなりません。

会計業務のコンピュータ導入やレセプトのオンライン化も進んできています。

常に新しい知識を身に付け、時代の変化への対応も医療事務に期待されています。